ホーム > コラム > お役立ち情報 > 新型コロナウイルスと漢方薬
お役立ち情報

新型コロナウイルスと漢方薬

昨今の新型コロナウイルスの治療に中国では積極的に漢方薬が使われています。

 

中医治療ガイドラインでは清肺排毒湯という漢方薬が有効とされ、インターネット上にでました。後に日本感染症学会に特別寄稿としても紹介されており、当店にも多くの問い合わせがありました。

 

ただこの漢方薬は日本にない処方ですので製品化などはされていません。

清肺排毒湯は麻杏甘石湯,五苓散,小柴胡湯,射干麻黄湯,茯苓飲に藿香が配合されたような内容で軽症から重症まで幅広く使えるとされています。

 

ただインターネット上にでている内容はあくまで中国人向けの量になります。

日本人がそのまま服用すると副作用を起こす可能性があるので注意しなくてはなりません。

 

また漢方薬はその時の症状やご自身の体質に合うものを飲むのがおすすめです。

 

 

生薬ではインフルエンザが流行するときによく売れるバンランコンも有効ではないかと言われています。(科学的データはない)

もともと清熱解毒薬といわれる生薬で高熱やのどの痛みに有効です。

こちらも連日問い合わせが多く、何とか在庫の確保をしている状況です。

(お求めの方は一度お電話いただければと思います。)

 

そしてなにより大事なのが日々の体調管理です。

同じウイルスをもっていても発症するか?しないか?の違いには免疫力や抵抗力といった本来私たちが持っている力の差です。

 

そのため、日々の体調管理が大事になってきます。

 

食欲不振、不眠、精神不安、生理不順、これらを放っておくとウイルスに負ける弱い体になってしまいます。

 

新型コロナウイルスは8割の人が軽症か無症状のまま治癒していくとされています。

 

この差はやはり免疫力。

これは中医学では気、とくに衛気が重要とされています。

この衛気とは名前の通り防御の気。

外からやってくる菌やウイルスから身を守ってくれるとされています。

 

衛気を作るのは食事と睡眠です。

それでも足りない場合は補気薬という種類の漢方薬が有効です。

この補気薬にも種類があり自分の体調に合ったものを選ぶ必要があります。

 

日々の不調をそのままにしないこともウイルス対策の重要な手段です。

気になる症状があればきちんと治療をしていきましょう。

東洋堂稲垣薬局はイナガキグループです

株式会社三祐産業

調剤薬局事業 / ドラックストア事業
介護福祉事業 /メディカル事業
保育園事業・病児病後児保育事業